幼児教育 遺伝よりも環境 早期教育が良い理由

幼児教育 遺伝よりも環境 早期教育が良い理由

幼児教育 早期教育

幼児教育の専門家の間では、幼児の間の環境が非常に重要視されています。

 

教育の専門家ではない私たちは、子供の能力は結局のところ遺伝による部分が大きいと考えてしまいます。

 

大学教授の子は頭が良い、スポーツ選手の子は運動神経が良い、音楽家の子は音楽の才能に恵まれているなど世の中にはそのような例が溢れています。

 

しかし専門家に言わせると、このような例には遺伝より環境による影響の方が大きいそうです。たまたま生まれた時から、それらの才能を伸ばす環境が用意されていた結果とも言えます。

 

逆に親は立派と言われる職業についているのに、子供が真っ直ぐに育っていない場合もよくあります。これも子供が悪いのではなく親が子供が真っ直ぐに育つ環境を与えてやらなかったのが原因だと言われています。

 

つまり生まれた時は、すべての赤ん坊が能力も正確も同じなのです。そこからどんな環境を与えてやるのかで子供の成長が変わってくると言うわけです。しかも、良い環境を与えてやるのは、早ければ早いほど良いのです。

 

赤ちゃんの時が最大のチャンス!!

 

早期教育が良い理由

幼児教育 スイミング 水泳

幼児教育は早ければ早いほうが良い、3歳までが大事というような事が言われていますがわかりやすく説明します。

 

0歳と3歳の子供がいる家庭でスイミングスクールに通わせます。

 

すると0歳の子は水を怖がりませんが3歳の子は水を怖がってしまいます。同じく子犬のペットを飼います。

 

0歳の子は犬とじゃれあって遊びますが3歳の子は怖がって近寄ろうとしません。つまり0歳の赤ちゃんには目の前の全てが興味となりますが、3歳の子にはすでに苦手意識が付いてしまっているのです。どちらが子供のために良いかはいうまでもありませんね。

 

教育の専門家でない親が「子供に良い環境」と言ってもなかなか簡単に用意できるものではありません。

 

幼児教室に通える環境を用意してあげる事が一番簡単で効果のある環境づくりとも言えますね。幼児教室では子供は多くの経験をする事ができ、親も多くの子育ての事を学べるのでおすすめです。


page top