モンテッソーリ教育とは 幼児教室

モンテッソーリ教育とは 幼児教室

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は、20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法です。

 

テレビ番組の「好きか嫌いか言う時間」でもこの教育法を取り入れている高学歴ママの家庭があり、話題にでていました。

 

また最近ではあの将棋の中学生棋士で話題の藤井聡太四段が受けた教育として話題です。テレビなどでもよく話題になっていますね。

 

モンテッソーリ教育とはどんなものなのでしょうか?ここではモンテッソーリ教育について簡単にまとめていますので、お子さんにあいそうなら始めてみるのもよさそうですよね。

 

モンテッソーリ教育とは

元々モンテッソーリとは人の名前です。
イタリアのローマで医師として精神病院で働いていたマリア・モンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見せました。

 

1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させました。これ以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになっています。

 

簡単に言えば、モンテッソーリ教育は、子どもそれぞれの自主性を伸ばし、独自が好きな事をやる教育法だとテレビでは紹介されていました。

 

子どもの自主性、独立心、知的好奇心などを育み、社会に貢献する人物となることを目的とするモンテッソーリ教育、素敵ですね。

 

日本でもモンテッソーリの教育を受ける幼児教室は多くあるようです。

 

例:ICE幼児教室

 

 

モンテッソーリの論文

今、モンテッソーリ教育が再び注目されている。

 

幼児教育への関心の高まりと先進国各国で行きづまった教育の方向模索の中で、再評価され始めているのである。

 

モンテッソーリ教育そのものというよりも、今日の教育観、人間観、子ども観に「人格形成」の確立を迫るものとしてのモンテッソーリの貢献が、取り上げられている。

 

本稿では、近代以降の教育思想の歩みの中で、モンテッソーリによってなされた子ども観の転換と幼児教育の転換の特質を考察し、モンテッソーリの唱えた子どもの創造的使命擁護の方法が、今日こそ必要性を増していることを考察した。

 

引用:幼児教育の追求とモンテッソーリ教育

 

興味のある方は読んでみてください。

 

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2942757418396766"
data-ad-slot="8372890679"
data-ad-format="auto">


page top