幼児教育の意義

幼児教育の意義

幼児教育 意義

幼児教育の意義とは何でしょうか。

 

最近では幼児教室の数も増え、メディアで取り上げられる事も多く幼児教室に通わせる事も特別な事ではなく一般的な事になっています。しかし幼児教育の意義を勘違いしている親御さんが多いのも現状です。

 

最近ではメディアによって天才少年や天才少女と言って様々な分野において子供にスポットライトが浴びる事が多いです。

 

そんな時、子供の才能以外にも親の熱心な教育もクローズアップされるわけですが、最初からそこを目標にして取り組む事が幼児教育ではないのです。

幼児教育とは、目先の結果のみを期待しているのではなく、生涯にわたる学習の基礎を作ること、「後伸びする力」を培うことを重視しているため見えない教育と言われています。

 

幼児は,身体感覚を伴う多様な活動を経験することによって,豊かな感性を養うとともに,生涯にわたる学習意欲や学習態度の基礎となる好奇心や探究心を培い,また,小学校以降における教科の内容等について実感を伴って深く理解できることにつながる「学びの芽生え」を育む事が幼児教育なのです。」

 

文部科学省HPより引用&抜粋 https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/04102701/002.htm

 

そして、その幼児教育は脳の発達を考えた場合早ければ早いほど良いと言われています。 人気の幼児教室は赤ちゃんからのコースも多いですね。

 

お子さんの未来のためにも幼児教育をして生涯役立つ「後伸びする力」を養って上げましょう!

 


page top