児童手当て 金額・もらい方

児童手当のもらい方・金額 

児童手当 金額 もらい方

児童手当を知っていますか?児童手当は対象の子ども一人につき、月々10000円〜15000円ももらえる制度です。

 

児童手当をしっかりもらって、子どものために使いましょう。

 

児童手当は申請しないともらうことはできません。基本的にさかのぼってお金をもらうこともできないので、産まれたらすぐに申請しましょう。

 

児童手当のもらい方・申請方法

 

児童手当の支給対象者は日本国内に居住する(留学は除く)0歳から中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日)までの児童となっています。

 

手続した月の翌月分から支給されますので出生したらすぐにお住まいの市区町村役所などの子育て支援課やこども課等で手続きをしましょう。

 

持ち物
  • 印鑑
  • 所得が高いほうの普通預金通帳(所得が高いほうが請求者となります)
  • 必要な人は・・・請求者の健康保険証のコピーまたは厚生年金等加入証明書
  • マイナンバー(個人番号)

 

 

他にもいる場合がありますのでいく前に確認しましょう。

 

児童手当の支給金額

 

児童手当 支給対象年齢 支給金額(月)
0歳〜3歳未満 15000円
3歳〜小学校修了前

10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)

中学生 10,000円

 

児童手当の支給日

 

2月・6月・10月に4か月分まとめて振り込まれます。
支給日はお住まいの都市によって違ってきます。

 

児童手当 所得制限

 

また所得制限があります。

 

所得制限の世帯は現在5000円づつ特例給付としてもらえます。2018年は3月時点は変わらずもらえる予定です。

 

児童手当は結構な金額になるので、しっかり忘れないように申請して、毎年6月ごろ送られてくる児童手当の現況届けも出さないと児童手当がもらえなくなるので忘れずに出すようにしましょう。


児童手当て 金額・もらい方記事一覧

児童手当には所得制限というものがあります。要はお金をいっぱい稼いでる世帯には児童手当は支給しませんよ。ということです。その線引きラインですが、子ども二人いて夫婦どちらかが働いてる世帯の場合(4人家族のモデル世帯)で年収が960万円以上あると児童手当は支給されず、代わりに子ども1人当たり月5000円が特例として支給されることになってます。詳しくはこちらの所得制限限度表のPDFを見てください。この通常...

政府が待機児童解消に向け、児童手当の特例給付を廃止し、浮いた財源を保育の受け皿確保に充てることなどを提案がでているようです。現在、中学校卒業までの子供に国から児童手当が支給されています。児童手当とは教育にお金がかかる家庭の生活の安定と子どもの健全な成長を目的に、中学校卒業までの児童・生徒に毎月支給される手当ての事です。児童手当支給額0歳〜3歳未満 15000円3歳から小学校卒業 10000円(第3...

page top